子どものためのサプリ「コドミン」、どこで作っているの?

「落ち着きがなくっていつも心配…」

そんな子どもの多動の症状に悩んでいるお母さん方の味方となっているのが「コドミン」です。
しかし、子どもに飲ませるものだけにどこで作られているかは気になります。コドミンの製造元について紹介しましょう。

コドミンはどこで作られている?

大切なお子さまが飲むものだから、私たちは日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場での生産にこだわりました。医薬品の製造実績のある工場で、医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理を行っています。

『―コドモのミカタ、コドミン公式サイトより―』

コドミンは国内産であることが分かります。最近よく見聞きする「GMPの認定工場」で作られているようです。

GMPとは?

サプリに限らず「安心の国内工場生産」といった文句を目にすることがあると思います。別に海外で作られた製品が悪いわけではありません。
世界一品質に厳しいと言われている日本の工場で作られた製品には品質が高いというイメージがあり、製品を売るうえでアピールポイントになるようです。

ただ、国内産が全て高品質というわけではありません。工場だってピンからキリまでいろいろです。
望ましいのは「国内生産品」ではなく、「国内の厳しい品質管理のもとで安全に作られたもの」です。
そのために日本では製造工程の品質管理基準があります。
製品ごとに基準があり、医薬品等の製造管理基準のことをGMP(Good Manufacturing Practice、適正製造規範)といいます。

GMPの工場とは?

GMPの認定工場というのは、製品が安全に作られる基準を満たしている工場ということです。
製品が原材料から製造、出荷されるまで一定の品質を保たれています。
医薬品のガイドラインでありサプリまで義務付けはないのですが、医薬品と同じ品質管理で作られたサプリと聞くと安心して購入できますね。

コドミン公式サイトの販売お得情報をこっそり教えちゃいます!

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る