飲ませてみたい!でも成分は?ADHDサプリについて

もしわが子がADHDの症状があるために、学校生活や社会生活をうまく過ごせないのなら、改善のために何かに頼りたいと思うのは当然のことです。

ADHDをケアするサプリがあるのをご存知ですか?
効果があるのなら子供に飲ませてやりたいと思うのは親心ですが、そうなると気になるのは成分ですよね。
ここでは、ADHDサプリに含まれる、主な成分についてご紹介しましょう。

 

今注目のサプリメント『コドミン』ってご存知ですか?

DHA

ADHDサプリに含まれている成分の一種であるDHA。日本語では、「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれ、魚の油に豊富に含まれています。
DHAには、神経組織や脳の発達の補助をするはたらきがあります。

ADHDの症状がある方は、受け取った情報を自分で上手に処理をすることができませんが、
DHA含有のサプリを摂取することで、脳の活性が促進されます。
情報の伝達が今までよりもスムーズに行われるようになり、自分の頭の中でうまく処理できるようになると言われています。

イチョウ葉

イチョウ葉は、公園などでしょっちゅう見かける、あのイチョウの葉っぱから抽出した成分です。
イチョウ葉には、血流の改善効果があります。

血流が良くないと、脳のはたらきにも悪い影響が出ます。ADHDの症状がさらに顕著に表れるようになります。
イチョウ葉が含まれているサプリを摂って血流が改善されれば、脳のはたらきも改善され、症状がひどく表れることを防ぐことができるでしょう

ホルファチジルセリン

ホルファチジルセリンは、ADHDに大変有益な効果が出ると言われ、最近になって注目されている成分です。

ホスファルジルセリンには、脳の細胞膜をしなやかにする効果があります。そうすると、脳細胞が良好な状態に保たれ、血流や神経の伝達がスムーズになります。こういった脳細胞の改善によって、精神状態が徐々に安定し、ADHDの症状も出にくくなります。血流改善によって、体調そのものが良くなり、心身ともに健やかな日々を過ごすことができるようになります。

コドミンは注目成分ホスファチジルセリン配合のADHD向けサプリ

 

いかがでしょうか。ADHD改善のためにサプリを選ばれる場合は、上記3つの成分が含まれているか、注意してみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る