ADHDサプリは何歳から飲める?

ADHDの症状を緩和する効果が期待できるという、ADHDサプリ。
子供に飲ませて少しでも早く効果を実感したいところですが、ADHDサプリははたして何歳から飲ませてもよいのでしょうか。

ADHDサプリの摂取可能年齢って?

ADHDと思われる症状が出てくるのは幼稚園・保育園などに入園し、本格的に集団生活が始まる頃、つまり、3~4歳ぐらいからです。それまで気になっていなくても、他の子と比べる機会が増えることでおかしいと気づくこともあるようです。
では、ADHDサプリメントは、このぐらいの年齢から摂取してもよいのでしょうか。

子供向けADHDサプリとして有名な「コドミン」の公式サイトを見てみると、具体的に何歳から飲むのがよいかについてはどこにも明示されていません。
けれども、

例1:35歳女性の口コミ
サプリを飲ませてからというもの、友達とも仲良く遊べるようになりました。保育園を嫌がっていたのが嘘のようです。

例2:30代女性の口コミ
悩みを相談したママ友がすすめてくれたので購入。少しずつですが子供が落ち着いて、友達トラブルなく遊べています。幼稚園の話を毎日楽しそうに話すようになりました。

というふうに、コドミンについては、幼稚園や保育園に通っている子供さんに飲ませて効果が出たという口コミがあります。また、サプリは即効性については分が悪いのですが、医薬品ではないので、副作用についての心配はほとんどありません。
つまり、ADHDの症状が顕著になる幼児の頃から飲ませることは可能ということになりますね。

さらに、

例3:40代女性の口コミ
以前はしょっちゅう学校で先生に注意されていました。サプリの摂取を始めて以降、落ち着いて授業を受けられるようになったと同じ先生から言われました。ADHDサプリ、おすすめです!

というふうに、学校に上がってからの子供さんが飲んだ場合も高い効果があると証明している口コミもあります。

ADHDサプリは、効果が高くしかも副作用の心配もほとんどないため、幼児だけでなく学童が飲んでも意義があります。ただし、サプリの原材料にはご注意ください。人によっては、原材料が原因で食物アレルギーの症状が出るおそれがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る