ADHD(注意欠如多動性障害)は遺伝の可能性大。躾は無関係!

母親の胎内環境の異常や、出産時に於いての頭部外傷、母親による妊娠中の飲酒や喫煙、はたまたドラッグ迄が飛び出す程、ADHD(注意欠如多動性障害)の原因に関する議論は白熱していましたが、結局は遺伝との意見が主流となりつつあります。

『ADHDは治らない?』噂の真相を大調査!

ADHD(注意欠如多動性障害)には20個程の遺伝子が関わっている可能性があるとの研究報告が発表され、又、生まれながらにして、脳の前頭葉等にドーパミンの機能障害が見られることも、遺伝的要因がある裏付けになっています。

ADHD(注意欠如多動性障害)のお子さんの場合、罹患していないお子さんとドーバミン受容体やドーバミン再取り込みの働きに影響を及ぼす遺伝子の型が、明らかに異なっている事が判明しました。

遺伝が強く疑われると言っても、親子で必ず遺伝するのかと言えば、そこ迄確定出来る程、解明されてはおらず、海外の研究では、両親ともにADHD(注意欠如多動性障害)の場合、子どもがADHD(注意欠如多動性障害)になる確率は20~54%と言われています。

同様に、兄弟姉妹がADHD(注意欠如多動性障害)だった場合、他の兄弟姉妹もADHD(注意欠如多動性障害)である可能性は25~35%で、それが一卵性双生児だと更に高くなって55~92%にも達するとの結果が出ました。

この結果を見ると、ADHD(注意欠如多動性障害)の遺伝的要素は排除できないでしょう。目下の主流となっている意見は、遺伝的、先天的な要因のある所に生活環境等の様々な要因が複雑に絡み合って発症するのであろうというモノです。

分かり易くご説明すると、親が糖尿病の場合は、その子供もリスクが高くなるので、糖分を摂り過ぎない様に注意するのと同様に、親がADHD(注意欠如多動性障害)ならば、後でご説明するようなリスクの高い食べ物の摂取は避けるようにしましょうという事です。

ですから我が子がADHD(注意欠如多動性障害)と診断されても、親御さんがご自身を躾が出来ないとか教育が出来ないと責める事は止めて頂きたいのです。寧ろ、正しいADHD(注意欠如多動性障害)の理解も無く過度な躾をする事こそ避けるべきです。

お子さんに集中力がなくても、集団行動が出来なくても、過度の躾は、子供の精神発達を阻害したり、更なる二次障害を引き起こしたりしてしまう事もあります。ご自身で判断せず、育児相談センター等で対処法を相談したり、お医者様の診断を仰いだりしましょう。

子供のADHDの治療法~薬の服用と療育~

 

関連記事

ページ上部へ戻る