『ADHDは治らない?』噂の真相を大調査!

自分の子どもがADHDだと言われると、『この子のADHDは一生治ることはないのか』と悩んでしまう親御さんは少なくありません。

そこで、『ADHDは治らない』という噂の真偽や成長による変化などについて調査いたしましたので、ご覧ください。

飲ませてみたい!でも成分は?ADHDサプリについて

『ADHDは治らない』は本当?

まずは、『ADHDは治らない』という噂の真偽についてご紹介したいと思います。

ADHDは一生治らないというものではありません。
ですが、中には大人になっても治らずに他の精神的な問題が発生するというケースもあります。

ADHDの症状が大人になっても治らないという場合には、『周囲が気づかなかった』というケースが多く見られます。

幼児期や児童期などの人間関係の構築を学ぶ大切な期間に周囲が気づけずそのままにしてしまうと、自分の感情を上手にコントロールすることができず、症状が残ってしまったり悪化してしまったりするんですね。

そのため、『ADHDは治らない』という噂は一部合っていると言えるでしょう。

しっかりと対処すれば緩和はできる

 

お子さんのADHDに気づくことができれば、対応次第で症状を緩和することもできます。

友人との関係が上手に作れなかったり自分の感情をコントロールできなかったりと、ADHDと思われる行動が目立つ場合には、周囲の大人が具体的な行動を示してあげましょう。

例を挙げるとすれば、『こういう時には○○の行動をとろう』・『怒りを感じたら10数えよう』などを示してあげるのがよいですね。

このことによって自分の感情をコントロールする方法を知ることで、大人になる頃には十分な社会性を身につけることができます。

幼い時期に社会性を身につけることで、完治とまではいかずとも、円滑な人間関係を築けるようになりますよ。

 

子供のADHDの治療法~薬の服用と療育~

関連記事

ページ上部へ戻る