サプリのコドミンを与える事で改善の効果を期待できる症状の数々

 

貴女のお子さんが、ADHD(注意欠如多動性障害)かどうかという事は、特に乳幼児期にはなかなか見極められないものです。なぜなら、多動性や不注意は乳幼児期の子どもでは普通にある特徴だからです。

でも例えば、保育園や幼稚園で靴の履き間違いや物の取り違えが多かったりすると、やはりそれはADHD(注意欠如多動性障害)の注意欠如が顕著に現れた特徴的な症状ですので、用心をする必要があります。

又、あまりにも多くのママ友から「お宅の坊やはチョッとヤンチャだけど元気のよいお子さんですね。」と言われる様であれば、これもチョッと用心して観察する必要がありあそうです。

衝動性を抑えられず、悪気はないのだけれども、物を破壊したりお友達を押したり、叩いたりしているかもしれません。ADHD(注意欠如多動性障害)の自分で自分の行動を抑制出来ない一面があらわれているのかもしれないからです。

いえいえ、小学校くらいのお子さんまでの、もっとADHD(注意欠如多動性障害)かもしれないチェックポイントを挙げてみましょう。

 

  • 忘れ物を頻繁にする。
  • 毎朝、なかなか起きてくれない。
  • 分かっているとは思うけれども、規則を守れない。
  • 列を作って順番に待つという事が出来ない。
  • 授業中にじっと出来ず、ウロウロしたり、悪戯をしたりする。
  • 担任の先生から注意される。
  • いつも周りのお友だち等に迷惑を掛けている。
  • 時や場所を考えずに騒ぎだす。
  • 何回注意しても言う事を聞かない。
  • お友だちと仲良く出来なくて、1人浮いている。
  • 主人の両親や周りの人から「躾が出来ていない」と言われる。
  • 他の子と明らかに違うような気がする

こういったお悩みも、美味しいコドミンをおやつ代わりに食べさせていけば、徐々に改善していきますよ。

『ADHDは治らない?』噂の真相を大調査!

 

脳の神経伝達をスムーズにさせるホスファチジルセリン配合のサプリだからです。貴女のお子さんのそういった症状は、脳の神経伝達を促してあげる事で徐々に改善していきます。この事は、様々なデータで証明されてきています。

ホスファチジルセリンはDHA(ドコサヘキサエン酸)やイチョウ葉エキスと並び、近年注目を集めている「ブレインフード」の1つで、ADHD(注意欠如多動性障害)だけでなく、鬱病や認知症等への効果にも期待が集まっている注目の成分なのです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る