ADHDのお子様にコドミンを与えて効果があった口コミのご紹介

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)への改善効果がとても期待されているサプリのコドミンが、どんなサプリで、何の成分が有効に働くのか、その結果、子どもたちのどういった症状が改善されるのかを紹介していきましたが、実際に効果があったという口コミをご覧下さい。

うちの子どもの事で、担任の先生や同級生の親御さんたちから、「お宅の子は、いつも周りに迷惑を掛けて…。授業中も先生のお話も聞かないで、煩いのなんのって。家で躾の1つもしてないの?」等と毎日の様に文句を言われて、悲しみに打ちのめされそうでした。

そんな折、主人が探しに探して、コドミンを見つけてくれたのです。早速、子どもに与えました。与え始めてから4ヶ月程経った頃でしたでしょうか。あんなに落ち着きのなかったうちの子どもが落ち着いてきたのです。

最近では、それ迄は散々文句を言っていた担任の先生や同級生の親御さんたちからも「お宅のお子さん、随分と落ち着いてきたわねぇ。」とか、「皆と仲良く出来る様になってきたのね。」とかお声を掛けて頂けるようになり、やっと心が安らぎました。

(40代)

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)の4歳の子どもの母親です。ADHD(注意欠陥多動性障害)だと、皆と違うので同じ年頃の子どもたちの輪にも入れてもらえません。仲間に入りたくても、いつも「こいつ馬鹿だよぉ~」とからかわれるのです。

皆と違うというのは、うちの子どもの言動が奇妙奇天烈で、変な発言を繰り返すし、その場の空気をよめないからです。4歳の子どもたちのたわいも無い場にもそれなりの空気がある様で、うちの子どもは、それを察する事が苦手でした。

「こいつは馬鹿!」と言われて仲間にも入れてもらえず、泣くわが子の手を引っ張って、公園を後にした事が、今までに何度あった事でしょう。そのせいで、うちの子は公園に行くのすら嫌がるようになっていきました。

そんなわが子が不憫ではありましたが、どうしたら良いのかも分からないので、オロオロするばかり…。その内にそれがストレスとなり、私自身も何か追い詰められるような感じでイライラも募っていきました。

でも、このADHD(注意欠陥多動性障害)について、もっと詳しく勉強しないと…と、わが身を叱咤激励してネットで調べました。そんな中でコドミンを見つけました。但し、鵜呑みにも出来ず、半信半疑でしたが、それでも藁にでも縋る気持ちで申し込みました。

与え始めて半年程経ちますが、いつも不機嫌だったわが子が、最近は笑顔を見せるようになりましたし、保育園でも近頃はお友だちとも仲良く楽しそうに遊んでいると保育士さんからご報告を受け、ホッとしています。

(30代)

お二人の口コミを拝見して、ADHD(注意欠陥多動性障害)が、どんなに大変かという事が分かりました。更に、4ヶ月~半年位は掛かるとはいっても、コドミンの効果が出た喜びがこちらにも伝わってきました。良かったですね。

のび太タイプとジャイアンタイプ?ADHDのタイプとは

関連記事

ページ上部へ戻る