コドミンの効果的な飲ませ方を考えてみました。

お子様の落ち着きや集中力をサポートしてくれる有効成分「ホスファチジルセリン(PS)」が豊富に配合されているADHD(注意欠陥多動性障害)向けのサプリがコドミンだという事が分かりました。

何歳からと言えば、ADHD(注意欠陥多動性障害)が心配される3~5歳以上のお子様にコドミンを毎日1~2粒与え続けると、徐々に症状は改善されそうだという事も分かりました。最初の1ヶ月だけは1日3粒与えると、より効果が高くなるという話もあります。

それでは、更に一歩進んで、このコドミンの主成分であるホスファチジルセリンの効果を最大限に引き出す効果的な飲み方は有るでしょうか?

有ります!
ホスファチジルセリンと相性の良い栄養素を一緒に摂ると、相乗効果でより高い効果が期待できます。

コドミンは注目成分ホスファチジルセリン配合のADHD向けサプリ

コドミンとの相性の良い栄養素

  • DHA 記憶力向上に役立つと言われるDHAとホスファチジルセリンが主成分のコドミンを一緒に摂取すると、ADHD(注意欠陥多動性障害)の改善に留まる事なく、記憶力も向上する為に、お子様の学習意欲も高まります。意欲的になります。
  • レシチン 情報伝達物質のアセチルコリンの材料となるのがレシチンで、コドミンのホスファチジルセリンと一緒に摂取される事で、お子様の脳機能がアップします。
  • ビタミンB1 脳のエネルギー源を発生させるのに必要な栄養素のビタミンB1が、コドミンの主成分であるホスファチジルセリンと一緒になると、脳の疲労回復がスムーズになります。

ですから、これらの相性の良い栄養素を一緒に摂取するだけでコドミンの効果そのものが上がります。
例えば、「食べる小魚」のような煮干の様なおやつも一緒に食べさせると、それだけでDHAもレシチンも簡単に摂取でき、コドミンの効果を高めます。

更に、この様な素朴なおやつは普段あまり噛むことが無くなってしまったお子様の咀嚼力を育み、よく噛む事で、益々脳の働きを活発にしてくれますよ。
人工的に作られた味に慣れっこになってしまったお子様に、素材の持つ本来の味を教えてあげる事にもなります。

コドミンだけでも、勿論、お子様を良い方向に導いてくれものと期待できますが、こうやって、ひと工夫加えてあげれば、コドミンを単体で飲んでいるお子様より、更にプラスαの効果も期待できますね。

関連記事

ページ上部へ戻る